「イベント」とは、世界的な犯罪組織(腐敗した政治家、大銀行家など)を合法的に逮捕する日のことです。世界的な金融リセットと同期して行われます。カバールに対抗するために組織されたのがレジスタンス・ムーブメントで、各国政府内のメンバーと軍組織によって構成されています。彼らは、不当な戦争や不必要な汚染などによって、人類や動物、生態系に対する犯罪が繰り返されていることを知っています。

また、解決策を抑え、世界の金融システム全体を騙すことで、世界中で人工的な貧困が生み出されていることを知っています。銀行は偽のお金を作り、政府に貸し付け、私たちの税金の90%以上がこれらの民間銀行に提供されています。彼らの融資は、コンピュータ上の数字や紙切れに過ぎず、実際の価値はありませんでしたが、私たちは、私たちの仕事の成果である実際の価値を彼らに提供してきました。

この一般的な金融詐欺のおかげで、政府やメディアは常に買収され、腐敗しています。先進的な環境に優しいテクノロジーは抑制されています。そして、このシステムを維持するために、数え切れないほどの犯罪が行われてきました。

今こそ、「ノー」と言う時、「ストップ」と言う時です。

これらの犯罪者は、法的な手続きに従って逮捕され、公正な裁判が行われます。マスメディアも解放され、ようやく真実を伝えることができるようになるでしょう。紛れもない証拠がたくさん出てきます。

そして、人類は健全な社会を取り戻すことができるのです。金融システムは再構築され、架空の負債は取り消され、本当の価値に基づいた新しいシステムが導入され、地球上のすべての人間の生活の質が飛躍的に向上します。

真の人道的プロジェクトが大規模に実施され、地球上で起きたすべての犯罪の結果が修正されます。これまで抑圧されていた多くの技術が、ようやく流通するようになります。その中には、多くの人が驚くようなものもあります。想像してみてください。たった20年前に、小さなミニ本くらいの大きさの無線機器ひとつで世界中と瞬時に通信でき、好きな音楽や映画、本をすべて保存できると言われても、多くの人は信じなかったでしょう。

ほとんどの教育プログラムは、真実を隠すために自発的に操作されています。このプロセスは、50年代や60年代の歴史書を見てみればよくわかります。このプロセスは止まっておらず、今日まで続いています。例えば、大学で教えられている物理学は100年以上前のもので、量子物理学はほとんど無視されています。また、物理学の法則の中には、ある種の高度な技術を抑制するために必要な、人々を誤解させるような操作がなされているものもあります。

同様の操作は、社会のあらゆる面で行われてきました。そのため、大規模な修復作業や建設作業が必要になります。銀行は数日から数週間閉鎖されますが、その後、人々のお金が銀行に残っている状態で再開され、余分なお金がすべての人に再分配されます。確かな証拠や真実に基づいた大規模な再教育プロセスが開始されます。コミュニティの努力と高度な技術により、生態系は回復します。すべての人間は、基本的なニーズが保証され、創造、事業、旅行を自由に行えるようになります。

このイベントがいつ起こるかは予測できません。多くの要因やグループが関係しており、関係者のセキュリティを維持するために、多くの情報がプロセス中に秘密にされなければなりません。ただ、言えることは、かなり近づいているということです。だからこそ、私たちが準備できるように、情報ネットワークが整備されているのです。

解放は近い!

source: https://communityleadersbrief.org/2015/09/10/what-is-the-event/